号外です!!

「ロイヤルの至宝」と呼ばれる世界的バレリーナの吉田都さんが引退されます。

イギリスの2つのロイヤル・バレエ団で最高位のプリンシパルを約22年間も務めた日本が誇る世界最高峰のバレリーナなのです。

引退の時期は2019年8月上旬頃を予定しているということで、最後の舞台に注目が集まりそうです。

さて吉田都さんについてまとめてみましょう。


 

【吉田都】プロフィール

名前:吉田 都 (よしだ みやこ)
生年月日:1965年10月28日
年齢:53歳
出身地:東京都国立市
身長:158cm
出身校 :ロイヤル・バレエ学校

なんと年齢は53歳なのです。

年齢的に体力な問題が出てきたのも引退の要因かもしれませんが、

見た目は30代後半といってもわからないほど。

まさに美魔女ですね。

また身長が159cm、しかも手足がスラリと長いわけでも無い。

体型だけ見るとバレリーナとしては恵まれた体型とは言えませんですが、彼女の経歴は素晴らしいです。


バレエを習い始めたのは9歳の頃で石沢秀子氏から師事を受けます。

才能は開花し、全国舞踊コンクール・ジュニア部門で優勝。

その後、石沢秀子氏からの勧めもあり松山バレエ学校に入ります。

都立北多摩高等学校2年生の時に転機が訪れます。

ローザンヌ国際バレエコンクールで『スカラシップ賞』を受賞しこれをきっかけに、英国ロイヤル・バレエ学校に編入します。

翌年にはロイヤル・バレエ団に入団し、

さらに4年後の1988年に初めて最高位プリンシパルに昇格したのでした。

 

それから22年もの間、プリンシパルとして活躍し2010年4月にロンドンで『シンデレラ』を最後にロイヤル・バレエ団を去ります。

バレリーナ 踊り続ける理由

その後は日本に戻りフリーで活動を行っておりましたが、

2020年9月〜新国立劇場舞踊部門芸術監督に就任する予定とのことです。

バレリーナから監督へのキャリアアップが引退の理由でしょう。

 

受賞歴

▼ 芸術選奨新人賞舞踊部門受賞(1997)

▼芸術選奨文部科学大臣賞舞踊部門受賞(2001)

▼第57回NHK紅白歌合戦の特別審査員(2006)

▼英国ダンス批評家協会・最優秀女性ダンサー賞(2007年)

▼紫綬褒章(2007年)

大英帝国勲章OBE(2007年)

第52回毎日芸術賞受賞(2011)

▼文化功労者(2017)

 

吉田都の夫【遠藤貴】もすごい人

吉田都さんの夫の名前は遠藤貴さんです。

何をされている方なのか調べてみたところ「ユニバーサルスポーツジャパン」という会社を経営していることが判明しました。

URLはこちら→http://www.u-s-japan.net/index.html

こちらの企業はサッカー選手の代理人として、

選手移籍する際の契約手続きなどや引退後まで見据えてをサポートする大手のマネージメント会社なのです。

吉田都さんと遠藤貴さんに、子供がいるという情報はありません。

結婚は吉田都さんが39歳の時で、実はプライベートな情報は一切ありません。