号外です!!

お医者様でメディアでも活躍中の医師、

小林弘幸(こばやしひろゆき)

という人物が話題になっています。

理由は『医者が考案した「長生きみそ汁」』という著書がきっかけです。

この著書が、中居正広さんMCの番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』で紹介されたのです。

 

小林弘幸医師とは一体何者なのでしょうか?

50万部突破の人気著書を出版する医者とは一体何者なのか?

 

 

 

小林弘幸医師 プロフィール

生年月日:1960年7月1日

出身:埼玉県

趣味:ゴルフ

特技:ギター

現在、順天堂医院での便秘外来初診の予約は待ちは…

なんと4年待ち。

便秘、自律神経に特に精通しているが、

そのほかにもスポーツ医学、漢方薬、医療安全、医療訴訟など知識豊富なお医者様です。

これまでの経歴はもちろん素晴らしい!!

ロンドン大学付属英国王立小児病院で研修医として医学を学び、

世界的に有名な、小児外科以下3病院。

『アイルランド国立小児病院』

『ロンドン大学付属英国王立小児病院外科』

『トリニテイ大学附属小児研究センター』

こちらで外科手術を経験し、日本に初めて『便秘外来』を開設したのが、小林弘幸医師です。

腸のスペシャリストとの異名で、

これまでに1万人を超える便秘患者を診察。

ほかの有名大学病院からも依頼殺到するスーパードクター。

また、自律神経研究の第一人者としても知られております。

プロスポーツ選手、アーティスト、文化人へのコンディショニング、パフォーマンス向上指導に関わるっているのです。

 

 

小林弘幸医師の経歴

1987年3月 順天堂大学医学部 卒業
1988年4月 順天堂大学大学院医学研究科入学(小児外科)
1987年6月 順天堂大学附属順天堂医院外科 研修医
1989年5月 順天堂大学大学院医学研究科 大学院生
1991年7月 ロンドン大学付属英国王立小児病院外科 研修医
1992年2月 トリニテイ大学附属小児研究センター 研究員
1992年3月 順天堂大学大学院医学研究科卒業
1994年1月 アイルランド国立小児病院外科 研修医
1995年1月 順天堂大学医学部小児外科学 助手
1996年4月 順天堂大学医学部小児外科学 臨床講師
1999年4月 順天堂大学医学部小児外科学 講座講師
2003年1月 順天堂大学附属順天堂医院医療安全対策室 副室長
同年4月 順天堂大学附属順天堂医院 医療安全管理者
同年7月 順天堂大学医学部小児外科学 助教授
2006年11月 順天堂大学医学部病院管理学研究室 教授
同年11月 順天堂大学医学部病院総合診療科研究室 教授

引用元:https://medical.jiji.com/doctor/2317

 

 

 

【長生き味噌汁】作り方とは?

▼すりおろし玉ねぎ約150g(中玉1個分)

▼赤味噌80g

▼白味噌 80g

▼リンゴ酢大さじ1

上記を混ぜて茹でて完成。

作り置きも簡単で、製氷皿に入れ冷凍庫で2~3時間で2週間保存可能。

詳しい作り方は、

腸のスペシャリストである小林弘幸医師の50万部突破の著書をご覧になってください。

 

 

小林弘幸医師の嫁・小林暁子とは?

 

View this post on Instagram

 

Akiko Kobayashi 小林暁子さん(@dr_akiko)がシェアした投稿

小林弘幸医師の奥様の名前は小林暁子です。

同じく医師をされており『小林メディカルクリニック東京』で院長をされています。

※場所は銀座線/南北線 溜池山王駅 10番出口より徒歩1分

大学も順天堂大学医学部卒業と学歴は同じですが、

専門は内科・皮膚科でした。

小林弘幸医師の今後の活躍に期待ですね!!