号外です!!アメリカの大スターが死去されました。

キャロルチャニングさんが2019年1月15日この世を去りました。

97歳という年齢でした。

死因は老衰で、カリフォルニア州ランチョミラージュの自宅で息を引き取られたとのことです。

ワシントン州シアトルにて1921年1月31日にこの世に生を受けました。

キャロルチャニングさんはブロンドの髪、大きい眼、長い足を武器にブロードウェイ女優として活躍。

1949年に「紳士は金髪がお好き」をきっかけに一躍トップスターに。

その後は、1964年「ハロー・ドーリー!」ではトニー賞で主演女優賞を受賞し5,000回以上ドリー役を演じています。

そんな功績が評価されトニー賞で生涯功労賞を1995年に獲得されました。

他にも「モダン・ミリー」ではゴールデングローブ賞受賞など、数々の代表作に出演されています。

 

また、ハスキー・ボイスだったことも有名ですね。

 

※トニー賞とは?

トニー賞には、26部門といくつかの特別賞がある。

正式にはアントワネット・ペリー賞 でアメリカン・シアター・ウィングおよび全米劇場プロデューサー連盟により授与される、アメリカ合衆国の演劇およびミュージカルに関する賞。

 

80代まで現役を貫き、生前はこんなことをコメントされていました。

 

「パフォーマンスが私の唯一の存在理由。これより素晴らしいことなんてあるかしら?」

 

 

 

俳優のジョニー・デップも以前のファンイベントで「誰を演じたいか?」との質問に

キャロルチャニングを演じたいと語っています。

また、コメディアン俳優のドン・リックルズもキャロルチャニングの生涯を演じてみたいと語っているほどです。

 

また、ブロードウェイの歴史上、最も偉大なスター10人に名前が挙がっていました。

2017年の投票結果は、第4位キャロル・チャニングの名前がありました。

トニー賞受賞1回、ノミネートも3回。

映画『モダン・ミリー』ではゴールデングローブ賞受賞。

アメリカのミュージカルファンで彼女を知らない人はいないほどのトップ女優だったのです。


 

 

若い頃の画像

偉大なブロードウェイスターが亡くなり、

悲しみのコメントがSNSで発信されています。

長い間お疲れ様でした。ご冥福をお祈りいたします。